猿ヶ京源泉の魅力

猿ヶ京源泉はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉の複合成分を持つ特徴があります。塩化物泉は汗の蒸発をふせぐ効果があるので、湯ざめしにくいといわれ、保温効果が高い特徴をもちます。塩化物泉に入ると、心身をリラックスさせる副交感神経が優位になる傾向があります。また、他の泉質と比較して作用が穏やかであり、湯あたりや副作用なども少なく、また症状が出たとしても軽いとされています。そのため年配の方や病気の回復期の方にも勧められています。さらに殺菌効果があるので、外傷治癒にも利用されています。女性にぴったりの温泉と言えます。

硫酸塩泉は、「傷の湯」「脳卒中の湯」などと呼ばれることもある泉質です。さらに、含有成分によって、さらに「カルシウム硫酸塩泉(石膏泉)」「ナトリウム硫酸塩泉(芒硝泉)」「マグネシウム硫酸塩泉(正苦(くみ)泉)」の3種類に分類されますが、猿ヶ京源泉はカルシウム・ナトリウム泉です。この特徴は、カルシウムによる鎮静効果から、「傷の湯」「痛風の湯」とも呼ばれ、高血圧症や動脈硬化症、脳卒中、慢性関節性リウマチ、外傷や皮膚病にも効果があるとされます。ナトリウム硫酸塩泉の効果に加えて、じんましんなどに効果があるとされます。ナトリウム硫酸塩泉は、入浴による効果としては高血圧症、動脈硬化などに効果があるとされています。すでに皆様が実感されている通り、女性、特に高齢者にとって、とても効果のある温泉と言えます。

猿ヶ京温泉の紹介

  • 上越新幹線 上毛高原駅より車で20分
  • 関越自動車道 月夜野ICより20分

Copyright (C) 赤谷湖遊船 All Rights Reserved.