温泉の効能

1.塩化物泉

基準

温泉水1kg中に溶存物質量(ガス性のものを除く)が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩化物イオンのものです。

特徴

陽イオンの主成分により、ナトリウムー塩化物泉、カルシウムー塩化物泉、マグネシウム―塩化物泉などに分類されます。日本では比較的多い泉質です。例えば静岡県・熱海温泉、石川県・片山津温泉など

泉質別適応症

浴用 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症 飲用 萎縮性胃炎、便秘

高齢者向きでよくあたたまる熱の湯。筋・関節痛、打撲、捻挫、冷え症、慢性婦人病、月経障害、不妊症、病後回復によい。入浴と飲泉で貧血、慢性消化器病、慢性便秘によい。高血圧症、腎臓病、心臓病、むくみのあるときは飲泉は控える。

2.硫酸塩泉

基準

温泉水1kg中に溶存物質量(ガス性のものを除く)が1,000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオンのものです。

特徴

陽イオンの主成分により、ナトリウムー硫酸塩泉、カルシウムー硫酸塩泉、マグネシウムー硫酸塩泉などに分類されます。

例えば

群馬県・法師温泉、静岡県・天城湯ケ島温泉など

泉質別適応症

浴用 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症

飲用 胆道系機能障害、高コレステロール血症、便秘

動脈硬化の予防になる中風の湯。石膏泉は入浴と飲泉で高血圧、動脈硬化、糖尿病、慢性皮膚病、打撲、捻挫、筋・関節痛によい。芒硝泉は高血圧、動脈硬化、外傷によく、入浴と飲泉で胆石、便秘、糖尿病、痛風によい。苦味泉は石膏泉、芒硝泉と同じ。

【猿ヶ京源泉1号井戸】

【猿ヶ京源泉2号井戸】

【猿ヶ京源泉1・2号井戸の混合泉】

Copyright (C) 赤谷湖遊船 All Rights Reserved.